低用量ピルを服用した際に起こりうる「血栓症」の症状

2020年06月01日

血栓症の症状は足から心臓へ向かって、血液を戻すことができる静脈の中で、血の塊である血栓ができることにより詰まってしまう疾患です。ふくらはぎや足の裏の表面にある静脈には血の塊ができれば、重症となるケースもあります。血栓が足の裏から心臓へ向かって流されていますが、肺の血管に詰まった時は肺塞栓症を引き起こす可能性が高いです。

主な症状は足全体やふくらはぎが急に赤黒くなり、腫れ上がることもあり痛みも徐々に出てきます。また最近心配されることが多くなったものですが、呼吸困難や共通があり最後には命を落とす人もいます。

血栓は血管の中にできる血液のかたまりのことですが、血管壁に傷がついたり・血液が固まりやすい・血管壁に傷がつくこともあります。動脈だけではなく静脈にも起こることがありますし、足の静脈で血栓が起こると血液が妨げられるので、心臓の中にできてしまい症状があらわれますが、経験がなければ判断が難しいこともあります。

60歳の人に対して発症しやすいですが、脈拍が不規則に乱れる不整脈である心房細胞の働きに寄り添います。血栓症を予防するために必要なことは安静にしないことで、積極的に運動したり、早期治療を行うことで血栓症の大部分を発生させる部分の血行をよくします。治療方法として、血が固まりすぎないようにする抗凝固薬を使用することがあります。

低用量ピルを服用している人で長時間の飛行機に乗っていた人は、エコノミークラス症候群により急に呼吸困難になり命に関わる様子がみられます。稀ではありますが血栓症など副作用がある事こともあり、血栓症である血管の中に血の塊ができる病気は、脳卒中や心臓発作などを発生させることがあります。脳卒中や心臓発作もこれに合わせて服用することができるので、前に気がついたら必ず服用を中止し、近くの医師に相談をします。

症状はふくらはぎの痛みやむくみ、手足の痺れや鋭い胸の痛み・突然息切れがすることもあります。めまいや頭痛・失神や視覚障害がいて、目のかすみや舌のもつれである言語障害でもわかります。

血栓症の症状が高まるのは、体を動かさない状態や血圧の上昇が見られた場合となります。さらに症状がひどい時や、長引く時には医師に相談しながら治療の報告をします。経血量が変化したり乳房痛・吐き気・頭痛や嘔吐・頭痛や、偏頭痛・全体的な皮膚や白目が黄色くなるときも注意が必要です。服用を始めることで1?2周期の間では、とてもひどい吐き気がみられます。この途中で軽度の出血が生じた場合は、どれも服用を中止することになります。

関連記事
ピルを飲むだけでは防げない・・・性感染症防止におけるコンドームの役割

ピルを服用することで避妊の効果は100%近く期待できますが、その反面、それだけに頼ると性病感染のリスクが高くなります。性行為が有る限り性感染症のリスクが少なからずありますが、ピルを服用することによって性病予防に対しておろそかになっている人もたくさんいます。パートナーがお互いに一人であれば、性病の感染

2020年04月24日
低用量ピルの使用が膣カンジダ症の発症リスクを高めてしまう理由

低用量ピルには妊娠している時と同様のホルモン状態にする働きがありますが、それにより膣内が酸性に傾くのでカンジダ症が発生しやすくなるリスクがあります。カンジダ菌はエストロゲン様物質を放出するので、排卵がない時や生理不順になることもあります。カンジダ菌のDNAの中に、エストロゲンと結合しているタンパク質

2020年03月19日
ピルの持ち歩きには紛失・飲み忘れを防ぐピルケースの使用がおすすめ

ピルが入っているシートはとても薄く、残量が少なくなるにつれて本体の重量が軽くなるので紙切れのように紛失しやすくなります。処方してもらった時に専用のピルケースがついていることもありますが、それに入れて持ち歩けば紛失しにくいですし、飲み忘れを防ぐことができます。専用のものがついていない時や、専用のケース

2020年02月21日
ジネット35を飲み忘れると不正出血が起こりやすくなる

ジネット35を飲み忘れた場合、不正出血が起こりやすくなるので注意が必要です。毎日継続して服用することで避妊効果があるジネット35ですが、1錠を飲み忘れることによってすぐに妊娠することはほとんどないとされています。毎日決まった時間に服用しますが、その時間から前後1?2時間くらいズレた場合は飲み忘れのう

2020年01月22日
低用量ピル「ジネット35」の副作用は2~3か月の継続服用で乗り越えられる

ジネット35の副作用は頭痛・腹痛・吐き気や、下痢・むくみ・食欲減退・胸の張りや血栓症のリスクがあります。女性ホルモンが安定するまでの症状なので、2?3ヶ月服用を継続することで乗り越えられます。軽い副作用で我慢ができる範囲であれば、使用を継続し我慢できない範囲であれば、使用を中止したり継続するかを専門

2019年12月28日
危険な場合もあり!低用量ピルを通販で購入するときは偽物に注意しましょう

低用量ピルを購入できる通販サイトはたくさんあり、それらは全て個人輸入通販サイトになります。安く購入することができるので、低用量ピルを継続して服用している人にとっては心強い味方でもあります。しかしその通販サイトにも偽物の低用量ピルを取り扱っているケースがあり、注意することが大切です。世界の多くの地域で

2019年12月24日
通販で個人輸入すれば低用量ピル「ジネット35」を安い価格で手に入れられる!

ジネット35はアジア人向けに作られている低用量ピルで、個人輸入通販サイトで購入すれば安く買うことができます。低用量ピルを病院で処方してもらう場合は、処方してもらうまでに数々の手順を踏む必要があります。初診の場合は生理周期や生理中の期間・生理中のトラブルや普段の出血量などを、問診票へ記入し病院によって

2019年12月22日
ダイアン35のジェネリック「ジネット35」もニキビ治療効果がある!

ジネット35はインドの製薬会社が開発した低用量ピルですが、ダイアン35のジェネリック医薬品になります。有効成分にはダイアン35と同様に、黄体ホルモンの中で男性ホルモンの作用を抑える働きがある、酢酸シプロテロンや、卵胞ホルモンの役割をするエチニルエストラジオールの2種類を含有しています。ニキビや吹き出

2019年12月20日